早期発見に役立つ|女性の心を蝕む更年期障害は治療で治せる!
女性医師

女性の心を蝕む更年期障害は治療で治せる!

早期発見に役立つ

バスト

触診だけでは見落とす

近年乳がんが増加の一途をたどっており、現在日本では女性が最も多く罹るがんであると言われています。このような時代背景から、希望者に対し乳がん検診をプラスして実施している医療施設も少なくありません。乳がん検診は通常、マンモグラフィーまたは乳房の超音波検査が行われます。マンモグラフィーとはX線を使って乳房の病変を調べる検査です。がんがあるとその部分が白く映しだされます。乳房の内部が分かるため触診だけでは見つけることができない病変の早期発見に役立ちます。但し、一般に40歳未満の女性は乳腺組織の密度が高く、マンモグラフィーで確認された白い像ががんなのかどうかの判断が困難です。そこで40歳未満の女性に対しては乳房の超音波検査を行います。

検診を受ける時の注意点

40歳未満の女性でも家族に乳がんに罹った人がいる場合には、より正確な乳がん検診を行うためマンモグラフィーと超音波検査の両方の乳がん検診を受けることが推奨されています。マンモグラフィーは、上下の板の間に乳房を挟んで撮影します。撮影時は疼痛を感じることがありますが、より確実に撮影するため乳房を圧迫するので、医師の指示に従い、そのまま動かないようにします。妊娠中か妊娠の可能性がある人は、マンモグラフィーを受けられませんので、必ず申し出るようにしましょう。また豊胸手術をしている人、ペースメーカーを入れている人も必ず病院に申し出てください。検査を受ける前に、制汗剤やパウダーを肌に付けている人はよく拭き取ってから受けるようにします。