男性医師

女性の心を蝕む更年期障害は治療で治せる!

かかりつけ医で相談を

診断

慢性病で薬を服用中の方は、服薬のペースを乱さない心がけが大切です。自己判断でペースを変えると、重篤な病気につながる可能性もあります。治癒が難しい慢性病も、梅田クリニックのような内科のかかりつけ医を利用して、無症状に導けます。

Read More..

早期発見に役立つ

バスト

代表的な乳がん検診として、マンモグラフィーや乳房の超音波検査が挙げられます。早期発見に役立つのがマンモグラフィーであり、触診では発見できない病変が把握できます。家族に乳がん患者がいる女性は、どちらの検診も受けておくのがおすすめです。

Read More..

更年期になったら

悩む婦人

ホルモンの影響

更年期障害は、中年以降になるとホルモンバランスの変化などで起こる疾患です。女性に多いことも特徴で、全く気にならない人もいれば症状が酷く治療が必要になる人もいます。主な症状として、ほてりやイライラ、目眩などが挙げられます。更年期障害をうまく乗り切るには、症状に合わせた薬などが役立ちます。内科などでも処方してもらうことができますので、更年期障害に悩む人には便利です。また漢方薬なども更年期障害に効果があります。最近では漢方薬を扱うクリニックなども多くなっていますので、気になる人は探してみると良いでしょう。インターネットを利用しても探すことができますし、医院に問い合わせることでも確認することができます。

さまざまな人に起こる疾患

更年期障害は、ホルモンバランスが乱れていられる一定期間に見られる疾患です。人によって個人差があるため短い期間で終わることもありますが、長く続くこともあります。症状の程度も人によって変わってきます。また男性でも更年期障害になることがあり、最近では認知されつつありますが珍しい症例です。若いうちから更年期障害に悩まされる人も増えてきており、若年性更年期障害と言われます。どの場合も内科などの病院で治療を受け、投薬をすることによって改善していきます。更年期障害と思われる症状が出た場合は早めに相談することで、軽い症状のうちに対処することができます。自分では判断がつかないことも多いため、血液検査などでチェックすることができます。

胆のうで発生したがん

腹痛

胆のうがんは、肝臓や十二指腸などに転移しやすいがんです。そのため、早期発見と早期治療が特に大事とされています。転移していた場合には、広範囲を切除することになるので、その分体の力が失われ、5年後生存率が低くなります。しかし転移していない場合は、胆のうのみの切除により、5年後生存率が約75%となります。

Read More..